話題のニュース

【動画】渡部会見「ガキの使いで来ていない」記者は誰?読売テレビのディレクター!


多目的トイレ不倫で自粛中のアンジャッシュ渡部健さんが行った謝罪会見。

いろんな批判が集まりましたが、質問した記者への批判が相当ありましたね。

それが・・・「ガキの使いで来ていない!」と言い放った男性記者。

これは一体誰なんだ?という声も多く、今回はその件については調査をしていきます。

しかもそのセリフで周りも湧くという…これってイメジですよね?

★続報!ガキの使い記者の正体判明か

その後の報道にて、あのガキの使い記者は「よみうりテレビのディレクター」らしい、というところまで話が進んでいます。

このページの一番最後のほうに詳細を追記していますので、それだけ見たい方は一気に下に飛んでください。


「ガキの使いで来ていない」記者は誰か!動画チェック


※動画再生後、すぐに「ガキの使いで来ていない」発言が見れます。

今回のアンジャッシュ渡部さんの記者会見。

いろんな質問がありましたが、「ガキの使いで来ていない!」発言があったのは「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」収録の件に関しての時でした。

年末の「ガキの使い」に出ているのか、収録しているのか?という質問攻め。

でも渡部さん的には言えない、すみません!と繰り返します。

そこにある男性記者が「我々もガキの使いで来ているんじゃないのでー」と。

更にここで会場にちょっと笑いが生まれました。

でもこれって見ている側からしたらかなりイラッとしましたね。

あの場でそういう言い方をしようと思った男性記者の神経がわかりません。

何やっても良い、何言っても良い、、、そんな上から目線の記者という感じがした人は多かったでしょう。

っていうか、そのセリフ、渡部さん以外にも言えますか!?って話です。

「ガキの使い」発言への男性記者、笑った記者への批判

イヤミなあの男性記者は誰?

アンジャッシュ渡部建さんの記者会見では、記者一人ひとりの顔はわからず。

渡部さんの近くにいた女性記者もマスク&フェイスシールドでよくわかりませんね。

また、「ガキの使いで来ていない」発言の男性記者は、テレビのフレーム外にいました。

故に顔も映っていない状態です。

ただ圧倒的に女性記者が多く、男性記者のほうが少ない模様。

これ、会見に参加してテレビ局とその記者名が分かれば、消去法で特定もできそうなものです。

フジテレビ、日テレ、テレ朝、TBS、、、一体どこでしょうか?

現状、そこまでの材料がないので出来ないのですが、そのうちにネットでも特定情報が出るかも知れません。

にしても、イメジにも似たような腹立たしい会見を見せられ感じがします。

渡部さんよりも、記者への嫌悪感がすごかったですね…

え?あのスッキリ、阿部祐二さんなの!?

渡部さんへのガキ使じゃない発言なんですが、一部ではスッキリでも人気の阿部祐二(あべ ゆうじ)レポーターではないか?という指摘がありますね…。

実際に会見を見たときには阿部祐二さんが連想されるような声ではなかったので、ちょっと私はびっくりました(^_^;)

でも阿部祐二さんを知っている人間からしたら、あの声は違うと思うんですが…

阿部さんに聞こえますかね!?

本当に阿部さんの声か、検証!

「ガキの使いで来ていない」発言の主が阿部祐二レポーターかどうかについては、実際の音声と比較してみるのが良いと思います。

以下に2つの音声ができるようにしておいたので、再生して比較してみてください。

まずは渡部さんの会見の時の例の発言から。

そして、阿部祐二さんの声がいっぱい聞けるYoutube動画です。

どうでしょうか。

会見時の記者の声のほうが、実際の阿部さんの声よりもこもっているよう声質だと思います。

音声解析をするまでもなく、これは別人だと思いますね。

それと阿部祐二さんクラスのレポーターになると、確実に渡部さんのすぐ横に陣取って自分もテレビに映れる位置を確保するはず。

顔が見えないようなところから質問しないいけないような無名レポーターでもないと思いますので…

渡部イジメ?ガキの使いで来ていない!記者のまとめ

今回の会見ですが、渡部さんを応援する声はやっぱり少ないです。

ですが男性記者の「ガキの使いで来ていない」発言により、渡部さんがかわいそう!という感情になった方もいるようです。

確かにあればひどかったですね。

「ガキの使いで来ていない」発言の記者がなにかされたわけでもないのに、あれば人間としてないなーという印象。

まぁマスコミなんてこんなもんか、、、という品の無さを改めて感じました。

と同時に、叩いてもいい人、叩きたくない人、という自分たちの都合で好き勝手やっているんだという認識も深まりましたね…。

個人的には、「ガキの使いで来ていない」発言の男性記者には、今後開かれる有名人の謝罪会見には全て出てほしいです。

そしてその発言を皆さんにして欲しいですね。

アンジャッシュの事務所からの叩き依頼という可能性も!?

今回の謝罪会見を渡部さんが行うにあたり、敢えて徹底的に叩いてほしいという依頼があった可能性もなくはありません。

アンジャッシュの所属事務所は人力舎です。

ここまでの対応を見ていると、決して芸能人の不祥事のさばき方が上手いとは言えず。

変に渡部さんに気を使う会見になるとまたバッシングが生まれちゃいますよね!?

「ガキの使いではない」という具体的な発言指示はないにしても、いじめのように叩く依頼があった可能性も否定できません。

テレビって基本演出ですから(^_^;)

NG質問なし、自由にやってください!

そんな事前の取り決めがあったとしたら、これが今回の「ガキ使」発言記者を生んだとも予想できます。

「ガキの使い」記者は大阪テレビ局の芸能専門ディレクターだった!

今回の会見での出来事がかなり大事になりましたが、その後、例の「ガキの使い」記者の正体がわかりました!

実はあの人、記者ではなく、大阪テレビ局の芸能専門ディレクターだったらしいですよ!

男性リポーターという報道もありましたが、実は在阪テレビ局の“芸能専門”ディレクターです。その大阪のテレビ局は、各番組が使用する映像を撮ってくる共有取材チームを東京に置いている。当然、編集はほとんどが大阪で行われるので、彼は首都圏での芸能イベントなどに赴き取材をする専門のディレクターなので、よくリポーターに間違われるんです。
※フライデーデジタルより

確かに喋り方が記者っぽくはないなーと思っていたんですが、これで納得ですね。

でも大阪にあるテレビ局ってけっこうありますよね。

一応、それをリスト化すると候補は以下のどれかになります…

  • 毎日放送
  • 関西テレビ
  • テレビ大阪
  • 朝日放送
  • 読売テレビ

このうち、朝日と読売は東京にもありますし、わざわざ「在阪テレビ局」とは言いませんよね。

となると、最初の3つが可能性として怪しいのかな?とは思います。

んー、一体どこのテレビ局のディレクターなんでしょうかね。

芸能人でもない上に、テレビ局が自ら犯人探し的にこの人を本名で報じるわけがなさそうです…

全ては現場にいた人しかわからない!という感じですが、あの中でチクるような記者なんていなそうですね(^_^;)

「読売テレビの名物男性ディレクター」と特定か!?

先程からの追記という形になりますが、結果として「読売テレビの名物男性ディレクター」ということになりそうです。

以下、東スポWebの内容。

この発言主A氏は、現場にいた本紙記者も含め、よみうりテレビの名物男性ディレクターというのが現場にいた人の一致した認識だ。よみうりテレビは渡部が出演予定だったとされる「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」」の大みそか特番「笑ってはいけない」シリーズを放送する日本テレビの系列局。
「日テレもよみうりテレビも今回の件が大々的に報じられ、青ざめているそうです。A氏本人も気が気ではない。大ごとにならないよう祈っていますが、ライバル局がしきりに取り上げていますからね。時が過ぎるのを待つしかありません」(テレビ関係者)

ということで、最新の情報としてこれが正しいような気がします。

今後、このディレクターA氏の名前が出たり、週刊誌が取材したりするのか…

展開がちょっと楽しみではありますね。

あの会見で渡部さん擁護派まで生まれていますので、そういう方からめちゃくちゃ叩かれそうな予感がします。

-話題のニュース

© 2021 COFFEE-MOVIE.JP