事件

リクルート丸田憲司朗が逮捕!神戸大学は嘘で甲南大学、高校はどこ?OBトーク、マッチャー悪用か


リクルートコミュニケーションズの社員、丸田憲司朗が逮捕です!

しかも容疑は女子大学生に性的暴行。

リクルート本体ではなく、リクルートコミュニケーションズ勤務ですが、これは世間に与える影響もかなりのものですね…。

リクルートはリクナビもやっていますし…。

ということで今回は丸田憲司朗の逮捕を受けて、事件の詳細や顔画像、そして大学や高校などの経歴・学歴を追ってみたいと思います。

丸田憲司朗が逮捕!その内容がひどすぎて話にならない!

就職活動中の学生と社会人をつなげるマッチングアプリで知り合った女子大学生に性的暴行を加えたなどとして、会社員の男が警視庁に再逮捕されました。
逮捕されたのは、リクルートコミュニケーションズの社員、丸田憲司朗容疑者(30)で、「OB訪問アプリ」で知り合った女子大学生に睡眠作用のある薬物を混ぜた飲み物を飲ませたうえ、性的暴行を加えた疑いがもたれています。丸田容疑者は、犯行以前に2回、この女子大学生の相談に乗って信用させ、「PR動画を撮るための打ち合わせ」などと言ってホテルに連れ込んだということです。
TBSニュース

「OB訪問アプリ」を使って、おそらくリクルートへの就職希望の学生を狙ったんでしょうね。

大学生なんてOBの言うこと=絶対信頼!みたいなところはありますし、それに漬け込んだ許せない犯行です。

嘘を付いてホテルに連れ込み、薬で眠らせって…本当に悪質そのもの。

またリクルートコミュニケーションズは就職活動系のメディア運営もしています。

  • リクナビ
  • リクナビネクスト
  • リクルートエージェント
  • タウンワーク
  • などなど。

などなど。

丸田憲司朗がどういうメディアや媒体に関係していたかは不明ですが、これはリクルートエージェント及びリクルート本体への信頼に影響があることは必至でしょう。

マジか!丸田憲司朗の余罪もヤバそう…

丸田容疑者のスマートフォンには、昏睡状態に陥った女性へのわいせつな行為を撮影した数十人分の動画や写真が保存されていたということで、警視庁は余罪についても調べています。

先程のニュースの続きなんですが、これはかなりヤバそうです。

他の女子大生も複数名被害に合っている可能性がありますよね。

「数十人分の動画や写真が保存」ですから、これもリクルートコミュニケーションズ社員という立場を利用しての犯行だった可能性が高いと思われます。

丸田憲司朗の顔画像や大学、高校はどこ??

丸田憲司朗の顔画像、写真なんですが、逮捕ニュースと同時にテレビで報じられていました(^_^;)

ご覧のように、顔は整っていてイケメンの部類に入る!と言っても良いと思います。

この写真を見る限り、清潔感もありますよね。

こんな容姿のリクルートグループ社員が女子大生と会ったら、そりゃー信用してしまうの当然。

本当にかわいそうです。

神戸大学の出身と嘘を付いていた!実際は甲南大学

丸田憲司朗が女子大生に会う際、私立大学出身であるのに有名国立大学の出身だと嘘を付いていたそうです。

その嘘の大学がどこか?というとズバリ神戸大卒。

神戸大卒もこれは酷いとばっちりです(^_^;)

※12/4のニュースで、実際は甲南大学卒業と判明しました!

丸田容疑者は私立大学出身なのに有名国立大学の出身だと偽って女子大学生を誘い出していたことが新たに分かりました。
※引用:テレ朝ニュース

私立大学でも有名市立なら良いと思うんですが、そんなに大したことない大学なんでしょうか。

でもリクルートグループに入るくらいなので、最低でも六大学以上のレベルではあると思うんですけどね…。

そして翌日の報道で、実は甲南大学卒業!と報じられました

丸田容疑者は、マッチングアプリに「神戸大学卒」と記載していたが、「真っ赤なウソ。本当は同じ兵庫県・神戸市にある私立の甲南大学だった。そのせこさに捜査員たちは、丸田の名前が『北斗の拳』のキャラクターと同じことをネタにして、『ケンシロウと名乗る資格などない。ジャギみたいなヤツだ』と話しています」
デイリー新潮

ん~甲南大学ですか!

甲南大学もこれはえらい迷惑ですが、神戸大学と比較すると大きく違いますね(^_^;)

甲南大学のどこの学部かは不明ですが、仮に法学部としましょう。

・甲南大学 法学部:偏差値53、54、55くらい
・神戸大学 法学部:偏差値63くらい

はい、こんなに違います。

確かに出身大学ブランドで女子大生を釣ろうと思ったら、甲南大学とは正直には書かないかも…

尚、丸田憲司朗は就活アプリ「Matcher」を使っていそうです。

ここで出身大学を偽って登録し、女子大生を誘っていたことが判明しています。

また「OBトーク」というアプリを使っていたという情報もあります。

女子大生と出会うために複数のアプリを使っていた可能性もありますね。

※「Matcher」「OBトーク」ともにリクルートのアプリではありません。

丸田容疑者は、就活アプリ「Matcher」に出身大学を偽って登録し、就活の相談に来た女子大生に「続きをホテルでしよう」と言ってホテルに誘うなどしたとみられている。
※引用:FNNプライムオンラインより

捜査関係者によると、丸田容疑者が今回の犯行で実際に使用していたのは『OBトーク』というアプリだという。実際に使用してみたところ、登録は学生、社会人で選ぶことができた。
※引用:Business Journalより

そしてこれが大学を偽っていたとされる丸田憲司朗のプロフィールです。

こういったものが既にネットで出回っているようですね…。

OBトークでの丸田憲司朗のプロフィール

残念ながら高校についてはまだ不明です。

神戸大学出身が本当ならその付近の関西の進学校という予想もつくのですが、今回はそれも出来ず。

高校については分かり次第、また追記していきます。

住所も嘘の可能性が大!実際は新宿区左門町

先程のプロフィールを見ると、最寄り駅は青山付近と記載があります。

これ、東京都内でも一等地クラスのエリアですよね。

確かにリッチなら青山付近で一人暮らしもありえますが、実際の丸田憲司朗の住所は「東京都新宿区左門町」です。

まぁ、青山が間違っているわけではないですが、全く正確でもありません。

最寄り駅は四谷三丁目になります。

青山も頑張って歩けばいけますけどね(^_^;)

ですが、青山という地名を出して、そのブランドで女性を誘っていた!ということの1つの証拠かと思います。

青山一丁目駅までは1.6kmほどあります。

そこまでして見栄張るか!?という感じがしますよね(^_^;)

丸田憲司朗が使っていたマッチャー、OBトークとは!?

先程の丸田憲司朗の学歴の嘘を説明する際に出てきた就活アプリ。

  • マッチャー
  • OBトーク
OBトーク -簡単OB訪問、就活相談アプリ-

OBトーク -簡単OB訪問、就活相談アプリ-

ASULEVER CO., LTD.無料posted withアプリーチ

これってどんなアプリなの?と疑問に思う方も多いでしょう。

これは従来敷居が高かったOB訪問を簡単にできるようになるアプリです。

要は、企業に務めている社会人と就活生が簡単に繋がれるというもの。

アプリ上でのやりとりはもちろん、実際にアポを取って会うこともできるんだとか。

今回、丸田憲司朗はその機能を悪用し、出会い系のように活用したわけですね(^_^;)

マッチャーにしてもOBトークにしても、登録しているOB側(社会人)は、ボランティアや趣味のような感覚でやっている人が多いようです。

就活生に対応しても特に報酬があるわけでもないみたい。

でもこれ、丸田憲司朗のように悪用前提で考えていたらけっこうリスクありますよね。

特に世の女子大生には今回の事件を見て、気をつけるようにしてほしいと思います。

逆にこういった就活アプリ、OB訪問アプリがあってよかった!という方もいるでしょうし、要は使い方ですね!

ただし、犯罪を助長しないための機能や管理体制は、運営企業にも求められる部分だと思います。

丸田憲司朗は既に別事件で逮捕・起訴済みだった!

今回、リクルートコミュニケーションズの丸田憲司朗は「OB訪問アプリ」を使って女子大生に乱暴ということで報道されました。

ですが実は既に別の事件でも逮捕・起訴までされており、今回は再逮捕という扱いになっているんですね。

「丸田容疑者は11月12日に、別の30代女性への準強制性交罪の容疑で警視庁に逮捕され、今月2日に起訴されています。睡眠薬をまぜた白ワインを飲ませて乱暴するという今回と同様の手口でした。しかも、容疑者のスマートフォンからは、昏睡状態とみられる女性を映した動画が数十人分見つかったそうで、警視庁は被害者の特定を進めていたのです。今回の件はあくまで氷山の一角です」
Business Journalより

  • 2020年11月12日:30代女性への準強制性交罪容疑で逮捕
  • 2020年12月2日:起訴
  • 2020年12月3日:女子大生への乱暴容疑で逮捕

時系列でまとめるとこうなりますね。

ですがスマホにもっと証拠があるようなので、これは再逮捕が続く案件の可能性がありますね。

実際に起訴されていますし、今後も起訴が重なると実刑になる可能性が大だと思います。

しかしリクルートコミュニケーションズもとんだ社員を採用してしまったものです。

-事件

© 2021 COFFEE-MOVIE.JP