芸能人・有名人

大原孝治(元ドンキ社長)の経歴や現在!インサイダー取引疑惑って何?


2020年11月、元ドンキホーテの社長だった大原孝治さんにインサイダー取引の疑惑が報じられました。

まだ疑惑でしかないので逮捕とか有罪というそういうレベルでは全くありません。

むしろ本人はしっかり否定しているようですからね!

速報!逮捕です!
2020/12/03午後、大原孝治さんが金融商品取引法違反の疑いで逮捕されました!
疑惑は本当だったのでしょうか…

この件で大原孝治さんに再度注目が集まったのも事実。

大原孝治さんはドンキの社長でもあった方ですし、経歴や実績などは素晴らしいものがあります。

ドンキに入って2年ほどで取締役に任命されるなど、本当に凄い方なんです!

実際、ファンも多いんですよね\(^o^)/

そこで今回、大原孝治さんの経歴をわかりやすく解説してみました。

また報じられているインサイダー疑惑についてもまとめておきますね!


大原孝治の経歴を解説!経歴が凄い、ドンキ販売員からの叩き上げ

大原孝治さんはいろんな会社の社長を経験してドンキに来たのかな?と思っていたんですが、実は30歳のときに入社されているんですね!

しかも最初は店舗に立っていたようで、まさに叩き上げ!という感じです。

では、ドンキ入社後の大原孝治さんの経歴、実績をまとめていきます。

※ドンキ入社前の経歴については情報がほとんどありません。

学歴についても詳細は不明なのですが、大学は慶應義塾大学を卒業されているようです!

1993年ドン・キホーテに入社

さっきも書きましたが、当時30歳くらいです。

ここでドンキの第一号店の府中店で働き、木更津店・幕張店・市原店の立ち上げの店長を担当されました。

府中店で活躍がかなり評価されたのでしょう。

1995年以降、重要ポストに就任

ドンキ入社の2年後から、早くも重要ポストに就くことになります。

  • 1995年:取締役第二営業本部長
  • 2005年:リアリット社長
  • 2009年:日本商業施設社長
  • 2012年:ドン・キホーテシェアードサービス社長

入社2年で取締役本部長っていうのがすごすぎですね(^_^;)

相当評価されていたのでしょう。

そしてリアリットとか日本商業施設とか何?って感じですが、全てドン・キホーテの関連会社という認識で良いかと思います。

現在も実在している会社で、それらの設立や創業期、成長期から社長として携わったのが大原孝治さんというわけです。

・株式会社リアリット

事業内容はPPIHグループ(ドンキグループ)の販促プロモーションなど。
2005年1月設立
資本金1億円

・日本商業施設株式会社

PPIHの100%子会社
事業内容は商業施設の企画・開発・運営など
設立は2001年11月

2013年以降、ドンキ社長など歴任

  • 2013年:ドンキホーテ社長、ドンキホールディングス副社長
  • 2014年:ドンキホールディングス社長
  • 2017年:ドイト(現スカイグリーン)社長
  • 2019年:ユニー会長

ということで、大原孝治さんがドンキ社長となったのが2013年です。

最終的にはユニー会長となっているんですが、ユニーはアピタ、ピアゴを展開する会社です。

ユニーをドンキホールディングスが買収し、大原さんがそこの会長になったという流れです。

あのアピタ、ピアゴもドンキグループだった、というのは意外に思う方も多いのでは!?

でも形態としては似ていますもんね!

ドンキホーテの運営ノウハウが活かせる買収だったんだと思います。

2019年9月、全役職を退任へ!

そして驚いたのが突然の全役職退任です。

2019年9月25日をもって、ドンキグループの全ての役職を辞任しているんですね。

元々はアメリカのパン・パシフィック・リテールマネージメント代表取締役社長に就任が決まっていたようです。

これはPPIHの海外の会社です。

※PPIH=パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス。
ドンキホールディングスから社名変更した会社です。

ですが2019年12月になって、この役職にも付かずに退任した、と発表。

なんというか、逆サプライズ人事!という感じでしたね(^_^;)

大原孝治さんの現在は?オーベロンマーケティングス代表に!

大原孝治さんは2019年中にドンキ関連の仕事から完全に離れているわけです。

となると2020年現在は何をしているの?と思いますよね。

悠々自適に生活しているのかな?と思ったんですが、なんと会社経営をされていました。

社名は「株式会社オーベロンマーケティングス」です。

  • 株式会社オーベロンマーケティング
  • 設立:2020年1月23日
  • 住所:東京都港区赤坂6丁目8番地2号

ホームページを見てもいまいちわかりにくさがあるんですが、事業内容としてはざっくりコンサルティングということになりそうです。

新規事業展開:光触媒コーティング

オーベロンマーケティングとしての新規事業らしいのですが、コロナ、インフルエンザなどの菌を除菌できる空間つくりをしているようです。

具体的には部屋をコーティングし、菌が付着しにくくする技術だそうですよ。

光触媒コーティングとか銅イオンコーティングなどを言っています。

このご時世、飲食店で導入しているところも増えているでしょう。

テレビ「辻敬太のハピジャパ」で放送され、現在はユーチューブでも見れますので興味があればどうぞ。

※以下、再生ボタンをタップするとスグに大原社長のところから始まります!

その他、企業の顧問に就任

  • 2020年1月1日:Car Tech Life Japan就任
  • 2020年10月1日 株式会社バーチャルレストラン顧問就任

※こちらの会社については不明です…

大原孝治がインサイダー取引!?どういうこと?

2020年10月、かなり衝撃的なニュースが報じられました。

なんと、大原孝治さんがインサイダー取引に関わっていた疑惑があるというのです!

え、嘘でしょ!?という感じですが、当時のニュースを引用しておきますね。

ディスカウントストアのドン・キホーテなどを運営する会社の前社長が、株取引に不正に関与したとして、証券取引等監視委員会が関係先の強制調査に乗り出していたことが分かりました。 関係者によりますと、証券取引等監視委員会は「ドンキホーテホールディングス」の前社長が、重要情報の公表前に利益を得させる目的で知人たちに株の取引を勧めたとして、昨年の11月と今年8月に関係先の強制調査をしたことが分かりました。 前社長は、2018年10月の「ユニー・ファミリーマートホールディングス」との連携を強化するという情報の公表前に、取引先の知人たちに対し、自社の株の購入を勧めたとみられるということです。 前社長は、利益を得させる目的で株取引を勧めたことについて、否定しているということです。

記事によると2019年の11月、2020年8月に関係先が強制調査されているとのこと。

かなり最近ですよね。

2回も強制調査が行われているが気になりますし、その間の期間も長いのは何で?という気がします。

そしてこのインサイダー取引疑惑の内容としては以下の通りです。

  • 2018年9月以前??
    大原孝治氏が、ユニー買収前に知人にドンキHDの株購入をおすすめ!
  • 2018年10月:ドンキがユニーを買収発表
    2017年11月にユニー株の40%を取得、残り60%の取得をこの時発表した形
  • 知人、株で利益確定
  • 約1年後の2019年11月、関係先を強制調査
  • 更に2020年8月、また関係先を強制調査

あくまで疑惑レベルですが、流れをまとめるとこういう感じになります。

尚、証券取引等監視委員会は検察への告発を視野にいれている、とのことなのでただ事ではないですね…(^_^;)

一体どうなるのか、外野としては静観するしかないのですが、今後の動きに要チェックです。

遂に逮捕されました!

2020/12/03午後の速報で、なんと大原孝治さんが逮捕です。

警視庁ではなく、東京地検特捜部が動いている案件だったんですね。

これは検察も本気でしょうし、かなりの証拠もあるのかも知れません。

ドンキホーテホールディングスに対する2018年の株式公開買い付けを巡り、公表前に自社株の購入を知人男性に不正に勧めたとして、東京地検特捜部は3日、金融商品取引法違反の疑いでドンキ前社長の大原孝治容疑者(57)を逮捕した。
※引用:共同通信より


★関連記事

大原孝治さんと言えばラファエルとも仲がいいと有名ですよね!
動画出演も何本もしていますし、こちらも併せてチェックどうぞ!

大原孝治が逮捕!株を勧めた知人男性って誰?有名人のあの人!?

2020/12/03、ドンキホーテ元社長の大原孝治容疑者が逮捕されました。 株のインサイダー取引に関わった!ということなんですが、なんと大原孝治本人が「知人男性に株を勧めた」とのことなんです。 大原孝 ...

続きを見る

-芸能人・有名人

© 2021 COFFEE-MOVIE.JP