テレビ 歌唱王

花上惇(じゅん)歌唱王、カラオケバトル優勝!経歴や大学、プロフィール詳細


ゲイであることをカミングアウトした花上惇さん。

※はなうえ じゅん

2020年10月の『THEカラオケ★バトル』で優勝し、12月の歌唱王2020でも決勝メンバーとしてまたテレビにでます!

実績が伴い、更にはゲイであることの暴露などもあり、一気に注目が集まっている今・・・

花上惇さんの経歴や、勤務先のバーなど、歌うま動画などの交えながらプロフィールをまとめてみました。

ぜひ参考にしてください♪


★花上惇さん 「ラスト・クリスマス」 ワム!

花上惇さんの歌を聴きたい!という方にまずはこちらおすすめ!

ワム!の「ラスト・クリスマス」をカバーした動画です。

とっても美声で、音程も完璧、、、こんなワムを待っていた!という感じですね。


花上惇さんの経歴、プロフィール等!大学時代から歌に没頭

  • 名前:花上惇(はなうえ じゅん)
  • 出身地:富山県
  • 誕生日:1992年1月19日
  • 年齢:28歳(2020年12月時点)
  • 高校、大学:不明
  • 仕事:飲食店(バー)勤務
  • ツイッター:@MrJupi92
  • インスタグラム:jnp92119
  • YouTube:花上 惇 JUN HANAUE

花上惇さんに関しては、誕生日や年齢などの基本的な部分以外のプロフィール情報はあまり出ていません。

ですがその代わり、SNSでの活動をいっぱい見ることができるため、そこでけっこう満足できるかなーという印象ですね。

歌手を目指しているだけであって、特にYouTubeでの歌ってみた!系、カバーソングの動画がたくさんありますよ!

※最近だとこんな名曲のカバーがありました!

  • 夜に駆ける - YOASOBI
  • 旅立ちの唄 - Mr.Children
  • 香水 - 瑛人
  • SUN - 星野源
ん~どれも名曲だし、花上惇さんの歌声も最高でした♪

しかも動画が最初にアップされているのが10年前、つまり2010年ころです。

当時は花上惇さんは18歳の大学生。

画面は真っ黒で音声のみの動画なんですが、この頃から歌手を夢見て活動されていたのがよくわかります。

あとは洋楽のカバーも多くて、英語力が堪能な様子も聞くとわかりますよ!

大学は都内!卒業後は歌手の夢を追う

花上惇さんは高校生までは地元の富山にいたようですが、大学への進学で上京。

つまり大学は東京都内のどこか、ということになります。

そして大学卒業後は一般企業に就職はせず、歌手として成功するために頑張る道を選びます。

1つの区切りとして、30歳までにメジャーデビューできないなら諦める!ということで両親を説得したそうです。

※カラオケバトルでも【タイムリミット迫る!夢追いアラサー男子】として紹介されていました。

そして2020年28歳で出場したカラオケバトルにて優勝。

まだメジャーデビューはしていませんが、これで夢に大きく一歩近づきました。

大学時代からコツコツと歌をユーチューブにアップしたりと頑張ってきた花上惇さん。

仮にメジャーデビューしなくても、この努力は両親も認めてくれるでしょう。

花上惇さんは飲食店(バー)勤務中

池袋駅前の写真

花上惇さんの歌のうまさは前から注目されていましたが、ゲイのカミングアウトでそちらにも注目が行っていますね。

で、働いているのが飲食店(バー)とのことなんですが、場所は池袋、そしてお店は小さめだそうです。

尚、バー勤務とは言っても、それがゲイバーであるかどうはわかりません。

その可能性は高いとは思いますけどね…。

池袋でゲイバーはけっこうありますし、特定はちょっとむずかしいと思います。

  • GaBBy the globe ゲイバー池袋
  • 電気水母(デンキクラゲ)
  • MIX BAR メロディー
  • ミックスバーカーム

などなどいっぱいあります…

どうしても花上惇さんに会いたい、生歌が聞きたい!という場合は、ツイッターのDMで聞いてみると良いでしょう。

※ツイッター上でも「お店は池袋です!いつでも生で歌いますのでお気軽にDMください」と書かれていますし、礼儀をわきまえたメッセージであれば問題ないはず!

たぶん店名は非公開かと思いますので、その際はルールを守ってこっそり行くようにしましょうね(^_^;)

店では、池袋の音姫と呼ばれているそうです。

※花上さん勤務の飲食店がどこかわかりました!
歌の仕事で忙しくなっている可能性はありますが、以下のお店になります!

こちらもどうぞ:花上惇のバーは池袋のどこ?「ゆったか」で指名料2,000円、生歌オッケー!

【動画あり】花上惇さんのテレビ出演歴

花上惇さんは10年以上も、個人活動含め歌での発信をしていました。

ですがテレビ出演となると、意外にも初めてなのが2020年10月の「THEカラオケ★バトル」のようです。

陽の目を浴びるまでが長かった!

2020年10月「THEカラオケ★バトル」優勝

この回の「THEカラオケ★バトル」は生放送(予選は収録)でした。

前半が予選、後半が決勝という流れ。

ここで花上惇さんは見事優勝し、同時にKWCというカラオケ世界大会への日本代表切符も手にした形になります。

1stステージでは清水翔太 feat.仲宗根 泉(HY)の「366日」を歌い98.272点。

そして決勝ステージではEXILE「道」で98.954点をマークです!

2020年12月「歌唱王2020」

THEカラオケ★バトルでの優勝から2ヶ月、「歌唱王2020」にも出演されました。

こちらは全国13,000人の予選審査があり10名が残ります。

そしてその10名で決勝!という感じなんですが、花上惇さんは残念ながら1stステージの1vs1で敗退。

しかも0-3と1票も取れず…

審査基準が大会によって違うので、やっぱり勝ち続けるって難しいなーと感じましたね。

花上惇さんのプロフィールや経歴まとめ

いかがでしたか?

花上惇さんはカラオケバトルで一躍スターになり、今後も歌の世界で活躍していく方だと思います。

30歳までにメジャーデビューを!

という両親との約束がありますが、ぜひともそれを叶えて欲しいですね。

ただ今の時代、メジャーデビューしなくても十分に食べていくことはできます。

個人の発信の機会が格段に増えたからですね。

歌うまテレビで有名になって、それがきっかけでいろんな人に歌を届けることができればそれだけでも凄いこと。

しかもそれでご飯が食べられるなら、ご両親も納得ではないでしょうか!

今後も花上惇さんのことはテレビなどで見ることは増えると思います。

私含め、ぜひ花上惇さんを陰ながら応援していきましょう!


★歌唱王2020関連記事

歌唱王2020では全国13,000人の中からトップ10人が選ばれ決勝に残りました。
歌うま番組常連者から初めての参加者まで、決勝10名の一覧と結果をこちらのページでまとめています!

-テレビ, 歌唱王
-,

© 2021 COFFEE-MOVIE.JP