時事ネタ

GoToトラベルキャンペーンのルールまとめ!これを読めば一発理解

2020年7月22日から始まった政府肝入りの「GoToトラベルキャンペーン」。

これまで都民が対象外になったり、キャンセル料の負担問題があったりと、かなりごちゃごちゃしてきました。

ですが、GoToトラベルキャンペーンのルールをまとめてみれば意外とすっきりするんですよね。

複雑さはあるものの、要点を整理していけば十分に理解はできます。

まだ未定な点があったり、いきなりルールが変わったりするから難しそうに見えるんですよね(^-^;

GoToトラベルキャンペーンのルールはこうだ!

文章よりも箇条書きにしたほうがスッと頭に入ることも多いです。

特に今回のGoToトラベルキャンペーンはまさにそんな事例なので、以下に箇条書きでポイントをまとめていきますね。

7/22(水)~

  • GoToトラベルキャンペーン開始は2020年7月22日(水)から
  • 22日からの予約はまだ先行予約扱いで、割引は宿泊料金の35%
  • 割引額の還付は、別途申請する必要あり

※35%というのは、旅行代金の半額の7割ということですね!そして割引額の上限は14,000円/1人1泊あたり。

7/27(月)~

  • 各旅行代理店やネット旅行サイトでGoToトラベルキャンペーン割引を適用させた後の価格での販売がスタート
  • 割引率は宿泊料金の35%。上限は14,000円/1人1泊。

つまりキャンペーン自体は2020年7月22日(水)から始まるものの、7/27日(月)以降に予約したほうが還付手続きをしなくてもいいので非常に楽です。

最初から割引された額で予約ができるからですね!

面倒な手続き等あれこれ考えずにGoToトラベルキャンペーンの恩恵を受けて旅行に行きたいなら、7/27日(月)以降に旅行代理店や各サイトで予約することをおすすめしますよ。

「Go To Travel」キャンペーンの終了予定は2021年3月中旬までです。

予算が尽きない限りは、何回でも利用できます!

コロナとは言え、旅行好きには利用しておきたい制度ですよね。

9月以降は地域共通クーポンの発行も!

GoToトラベルキャンペーンが一番お得になるのは地域共通クーポンの発行がされてからです。

このクーポンは、旅行代金の15%分に対して発行され、旅行先で金券と同じように利用ができます。

但し上限は1人1泊あたり6,000円まで。

これでお土産を買うもよし、ランチするもよし、レンタカーを借りるもよし、です。

現時点では9月以降、とアバウトな感じですが、詳細はまた発表されるものと思います。

いずれにしても、秋にはなりますが地域共通クーポンの発行されるタイミングまで待ったほうがお得ですね!

割引額(率)に関してもルールのおさらいを!

ではここで今一度確認の意味も含めて割引額(率)の計算方法、ルールを勉強しておきましょう。

これはGoToキャンペーンが発表された当初と変わっておりません。

  • 割引額の最大値は一人一泊あたり20,000円相当(クーポン含む)まで
  • 宿泊料金の半額のうち、70%を割引し、30%は地域共通クーポンを配布
  • 子供や幼児も含め、一人一泊いくらになるか?で計算する

子供の場合、旅行代金が安かったり無料である場合もありますよね。

ですがその辺の事情は関係なく、シンプルに何人で旅行に行ったか?が大事です。

その人数で割って一人一泊いくらかを割り出せばOKです。

家族4人で2泊3日、16万円。支払いはいくら?

まず1人1泊あたりの料金を計算します。
⇒160,000円÷2泊÷4人=20,000円

この2万円という数字から、割引額とクーポン券を計算しましょう。

つまり…

半額である10,000円の70%(7,000円)が割引され、
30%(3,000円)がクーポンとして配布されます。

これが4人分なので、額としての直接的な割引は28,000円×2泊分です。
12,000円×2泊分は現地で使えるクーポン扱い。

なので、支払い額は・・・
160,000円-56,000円=104,000円ということになりますね!

※別途12,000円分のクーポンももらえます!

尚、一人一泊40,000円の場合に割引&クーポン券のお得額がマックスとなります。

そしてそれ以降は割引額は変わりませんので、自腹率も上がっていくというわけ。

一番お得度を高めたかったら、一人当たり1泊40,000円の旅行をしましょー!かなり豪華な旅行ができますよ!

-時事ネタ
-

© 2020 COFFEE-MOVIE.JP