時事ネタ

井上将勝の不倫相手A子(ウグイス嬢)や妻・奥さんの対応は?【画像あり】

以前から不倫疑惑が報じられていた立憲民主党の井上将勝議員。

潔く?とでも言いましょうか、2020年5月28日に埼玉県議を辞職したそうです。

彼についてはちょっと前から不倫やタワマン疑惑報道がありましたよね(^-^;

まぁ一番の議員辞職の理由はA子さんとの不倫だと思うのですが、そうなると気になるのは不倫相手や奥さんのこと

このページではその辺の事情について調べてまとめておきました!

井上将勝氏が議員辞職した理由はA子さんとの不倫!

今回は週刊文春で不倫報道があり、それを認めた形なります。

「議員である前に、人として許されることではない」と述べているそうです。

埼玉県内に居住実態がなく、議員の資格を満たさないとオンブズマンから指摘されていた立憲民主党の井上将勝県議(41)が28日、辞職した。同日発売の週刊文春で指摘された過去の不倫関係について認め「議員である前に、人として許されることではない」と辞職理由を述べた。居住実態については、問題なかったとの認識を示した。
※引用:https://www.tokyo-np.co.jp/article/31720(共同通信)

チヒロ
今の時代、不倫なんて絶対ダメ!なのに・・・

でもちゃんと議員を辞めるという形を取ったことだけは評価に値するかな、と思います。

いや、別にこれで評価はされませんね(^-^;、失礼しました。

これに対する世間の反応はこんな感じ

  • 枝野代表のお膝下でこんな事ですか!他者への批判の前に、まずは身内の身体検査しっかりしないといけませんよ!他にもいっぱいあるんだろうから、、、(悲)
  • 住居の不正に不倫騒動…立憲民主の議員はロクな奴いないね。
  • なんかむしろ「それで辞めるの?」とか思ってしまう。仕事は仕事。プライベートはプライベート。刑事的な罪ではない。仕事をちゃんとしているのなら,仕事をするべきではないの?そこはきっちり分けるべきではないのか。
  • 不倫をしていたから辞めるわけじゃない。不倫報道されたから,バレたから辞めるということ。不倫をしていていまさら辞めるくらいなら,そもそも立候補もしていないはず。
  • 議員さんなら、不倫よりも選挙区に居住していなかった事の方が重大かと…。不倫してようが興味はありません。
  • なかなか潔し。安倍信者は、ここぞとばかりに揶揄するだろうが自民議員とは、ひと味違います。

不倫相手A子さん、ウグイス嬢は誰?めっちゃ気になる!

週刊文春での取材によると、井上将勝氏が不倫していた相手A子さんはウグイス嬢とのこと。

選挙活動で一緒になるウグイス嬢との禁断の恋愛ってめっちゃベタですね(^-^;

美人ウグイス嬢との不倫が始まったのが2018年ごろ。

ですが、具体的な不倫相手のお名前はまだ公表されておりません。

まぁ確かに相手は芸能人でも公人でもありませんから、そこまで明らかにしたらかなり問題もあるでしょう。

チヒロ
もし万が一、この不倫ウグイス嬢が誰か!明らかになった場合はこちらでも追記をしていきたいと思います。

尚、このウグイス嬢とは2018年8月から11月にかけて交際。

飲み会で知り合ったそうです。

その後、2019年の4月の県議選にてウグイス嬢を担当していたそうです。

ということは、最初に不倫交際があり、その後にウグイス嬢の仕事をしてもらった…という流れのようですね。

でも別れた後に仕事を手伝ってもらいますかね??

この辺がちょっと釈然としません。

続報!文春からの更なる情報!!2人の不倫会話データも!

5/29(金) 18:30配信の文春のニュースにて、不倫問題でさらなる事実がわかりました。

まず井上元議員が不倫していたのは17年から19年夏まで。

更にA子さんは都内在住の40代だそうです。

「5年ほど前、井上さんとA子さんは飲み会で知り合い、同世代ということで意気投合。タワーマンションがある三軒茶屋に呼び出しては頻繁に会っていました。『妻との関係は冷え切っている』と離婚をちらつかされ、A子さんは心を許した。定番のデートコースはカラオケBでいちゃいちゃした後、近くのホテルに宿泊するというもの。A子さんは逢瀬の詳細を手帳に綴っていました。井上さんがタワマンに住んでいた理由の一つには、A子さんと会うために便利だったということもあります」(知人)
※引用:文春オンラインより

「妻との関係は冷え切っている」って不倫男の常套句じゃないですかーーー!

これはまじで最悪です。

しかもA子さんと頻繁に不倫するために世田谷のタワマンに住んでいたなんて…もうどうしようもありませんわ。

更に文春では井上氏とA子さんの音声データも持っており、肉体関係が推測できる内容だそうです。

これは完全にジ・エンド!ですし、この音声データの存在を知って井上氏は議員辞職を決意したのかも知れません。

チヒロ
ちなみに文春が持っている音声データのやりとりはこんな感じらしいです。

井上氏「すぐに近くのホテルに行ったからね。(酔って)君はやったことすら覚えてないし」

A子さん「したんでしょ? したんだよね。ごめんね。ちゃんと(その前に)お風呂入った?」

井上氏「入ったよ。うん。君がお風呂ためたいって言ったんだよ」

A子さん「このホテル、ゴムが1個しかなくて、なんて不親切なのって」

井上氏「うん」

井上将勝氏の妻は誰で顔写真は?不倫への対応や慰謝料請求は?

井上将勝さんの奥さん、妻なんですが、今回は不倫の被害者。

そうなると不倫相手のへの慰謝料請求など何かしらの動きはあるはずです。

それに、以前問題になったタワマンの件で奥さんのことはちょっと話題にもなりました。

※本当は井上将勝本人の資産(所有権割合8:2)なので報告せず、妻のものだと主張した世田谷のタワマン問題です。

情報(報道)の上ではけっこう奥さんも出てくるのですが、その顔写真は見つかりません。

というわけで、これも現時点では不明。

ですがお名前は「百花」さんであることは知られています。

これはフェイスブック上に結婚式の時の画像(ムービー?)があり、そこに名前が書かれているからです。

ただ、今回は奥さんが悪いことをしたわけでもありません(^-^;

不倫相手への慰謝料請求についても闇の中です。

チヒロ
というわけで今回はちょっとわからずじまいなことが多くて申し訳ないです!

妻は元?JALのCAだと明かされています!

これは井上将勝氏、本人が公開していることなんですが、妻はJALのCAとのこと。

おそらくは元CAということでしょう。

党の代表である枝野幸男氏の奥さんもそのようですね。

ちなみに息子さんもいるようです。

井上将勝氏の過去のツイートを見る限り、小さな息子さんもいるみたいですね。

おそらくかなり小さな幼児だと思うのですが、「アマゾンに生息する野生の鳥かと思った」というツイートには思わず笑ってしまいました。

今回の騒動とか関係なしにこれは面白いですね(笑)

ハリーポッターはそんなにみないのでよくわかりませんが、痴漢よけのブザーって(笑)

にしてもこんなに幸せそうな家族が居て今回の不祥事、、、なんだかなーという感じです。

ついでに「都内タワマン」資産報告逃れの件も復習!

今回は不倫での議員辞職なんですが、それ以前に「都内タワマン」を資産報告していなかった!という問題もあります。

これは2020年5月7日に報じられた内容となります。

「都内に私が所有している物件があり、それが資産報告から漏れていた。弁明の余地はないと思っております。心からおわびを申し上げます」

井上議員は7日、会見で自身が所有する都内にあるタワーマンションについて、これまで資産として報告していなかったことを明らかにして謝罪するとともに、資産等報告書については7日付で修正申告しました。
また、公表しているさいたま市の自宅に居住実態がないのではとの指摘に対しては、妻の体調が優れないため、この数か月はほぼ東京の家にいたと弁明した上で、居住実態は埼玉にあると主張しました。
一方、マンション購入の際の借入金なども未報告で、会見後、改めて修正申告したということです。

※引用:日テレニュース24

この方はさいたま市に住所がある議員さんです(でした)。

にもかかわらず都内に住んでいたと!

で、その理由としては「妻の体調が優れないため」との説明。

妻=百花さんなわけですが、ここで言い訳に使われた奥さんも「はぁ?」という感じでしょう。

もしくは事前に相談があったのかも知れません。

チヒロ
「妻の名義で記載する必要がないと思っていた」とも述べているのですが、実際はこのタワマンの所有権の8割は井上将勝氏のものですからね(^-^;
その言い訳も見苦しすぎです!

ここ最近の政務活動費の領収書がヤバい!?

井上将勝は記者会見で「妻の体調が良くないのでここ数か月は都内に」という説明でした。

ですがある方が政務活動費をチェックしたところ、ここ数か月というレベルではなく、2年間ほどは東京都世田谷区や恵比寿などの領収書がかなり見つかったと報告しています。

また彼のタワマンがある三軒茶屋と埼玉県庁をほぼ毎日車で往復していることもわかっています。
(ETCの利用履歴より)

となると、妻の体調云々で一時的に…という説明もちょっと嘘くさく感じてしまうのは当然ですよね。

議員辞職すればこの問題から逃れられるというのは納得いきません。

こういった部分をしっかり追求するほうな法律等、あればいいのですが…

※併せてこちらもどうぞ!

-時事ネタ

Copyright© コーヒーと映画、ドラマを楽しむサイト , 2020 All Rights Reserved.