イントロダクション

あなたの戻りたい過去はいつですか―?
本屋大賞ノミネート“4回泣ける”と話題のベストセラー小説が
超豪華キャスト&スタッフでついに映画化!

2015年の発売以降「とにかく泣ける!」と口コミで広がり、17年には本屋大賞にもノミネートされた小説「コーヒーが冷めないうちに」。舞台の脚本家兼、演出家として活躍する川口俊和の小説デビュー作となる本作が、シリーズ続編の「この嘘がばれないうちに」とともについに映画化!

舞台は、とある街のとある喫茶店。店内の【ある席】に座ると、望んだとおりの時間に戻ることが出来るという。ただし、そこには『過去に戻って、どんな事をしても、現実は変わらない。』や『過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ。』などのいくつかのルールがあった。

誰もが一度は経験のある「もしも、あの時に戻ることができたら……」という《後悔》の思い。様々な《後悔》を抱えた客たちが、今日も店を訪れる。

主人公にはどの世代からも圧倒的な支持をもつ人気女優・有村架純。今作では、かわいらしさの中にも凛とした美しさ・意思の強さを持つ女性像を瑞々しく演じています。彼女が淹れるコーヒーがきっかけで、タイムスリップが起こり、ストーリーが始まります。
脇を固めるキャストには、石田ゆり子、薬師丸ひろ子、吉田羊、松重豊などの超豪華な演技派且つ人気俳優陣、更には波瑠、伊藤健太郎、林遣都、深水元基、松本若菜などのフレッシュな実力派俳優が集結しました。
監督には「リバース」(17/TBS)・「重版出来!」(16/TBS)・「Nのために」(14/TBS)・「夜行観覧車」(13/TBS)など幅広いジャンルのヒットドラマ演出を多数手掛け、今年「アンナチュラル」(TBS)で高い評価を得た塚原あゆ子。今作が満を持しての映画監督デビュー作となります。

この秋、温かな感動が、日本中を優しく包みこみます。

loadingIcon